2020年11月26日木曜日

❶ 2019年11月29日 "ガーンジー島の読書会の秘密" - 東京 / "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society" - Tokyo 29 of November 2019

目次 / Contents
1) 3本目/ The Third 
2) ガンジー島 / Guernsey 
3) 美味しい一品 / Delicious Dish


1) 3本目 / The Third 
ここ2, 3年、映画館で映画を見る機会がなかったのに、10,11月に3本も映画を恵比寿ガーデンシネマで見ました。

最初は10月に "ディリリとパリの時間旅行"(2018) 、
次が11月に"永遠の門 ゴッホの見た未来" (2018)、
そして3本めが、 ガーンジー島の読書会の秘密 (2018)でした。
"永遠の門 ゴッホの見た未来" については下記

このセクションは、"ガーンジー島の読書会の秘密" についてです。

邦訳では "ガーンジー島の読書会の秘密" ですが、英語版では原作と同じ、
"ガーンジー島の文学とポテト皮パイ協会"  
 "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society"
が映画でも使用されています。

邦訳はちょっと思わせぶりですが、文化が違うので、このタイトルが良いと思います。

翻訳者の方は、流石にプロだな〜と感心します...字幕翻訳者は牧野琴子 (マキノ コトコ / ?~ )さんですが、タイトルの担当者はわかりません。

これは推測でしかありませんが、英国人には英語版のタイトルで十分興味がそそられます (英国人はポテトが大好き<>) が、日本人にはぴん!とこないのかもしれません。

映画を見てしまえば、英語のタイトルの意味も納得できるかもしれませんが....。
チラシ 
監督 : マイク・ニューウェル (1942 ~)
主演 : リリー・ジェームズ (1989 ~)
原作 :『
ガーンジー島の文学とポテト皮パイ協会』 (2008)
公式サイト:

 Flyer for a film : 
"The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society"

Director : Mike Newell (1942 ~)
Starring : Lily James (1989 ~)
Original : "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society"
2008 
By Mary Anne Schaefer (1934 - 2008) and
her niece, Annie Barrows (1962 ~).



The Third 
I hadn't had a chance to watch a film in a cinema theatre for the last few years, but in October and November I watched three films at Yebisu Garden Cinema, Tokyo.

Firstly, in October,  "Dilili in Paris(2018),
Next is "At Eternity's Gate(2018), in November,
About "Dilili in Paris", below.
About  "At Eternity's Gate", below.

This section is about "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society".

In Japanese, the title is "The Secret of the Reading Party on Guernsey Island", but in the English version, it is the same as the original book,
 "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society". 

This is only speculation, but the English title is intriguing enough for the British (British love potatoes <laugh>), but for the Japanese, it may not click!

I'm impressed that the translator is a professional...The subtitle translator is Kotoko Makino (? ~), but I don't know the person in charge of the title.

If Japanese watch the film, the Japanese may understand, indeed the meaning of the English title ....


原作の表紙
『ガーンジー島の文学とポテト皮パイ協会』 
2008 / ダイアルプレス 
マリー・アン・シェイファー (1934 - 2008) と
彼女の姪、アニー・バロウズ (1962 ~)の共作

Original Book Cover 
 "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society"
2008  / Dial Press
By Mary Anne Schaefer (1934 - 2008) and 
her niece, Annie Barrows (1962 ~).





2) ガーンジー島 / Guernsey 
ガーンジー島Guernseyは、実在の島です。

この島の響きにすでに秘密めいたものが感じられます。

それは私だけですか?

"ガーンジー" という名前は、古ノルド語 (古北欧語 / コホクオウゴ) に由来しています。 

"ガーン(ジー ) :   "guern(s)"の起源と意味は不明、おそらく個人名に由来し、" - イー : -ey" は "島" の意味の古ノルド語です。

ガーンジー島は、その位置から古来から様々な国、または民族に統治されてきました。

ノルマン人(北欧のヴァイキング)に統治された時期があるので、古ノルド語 に由来した名前になったことが推測されます。

現在は英国王室属領(ガーンジー代官管轄区)ですが、物語は、ナチス・ドイツの占領下(1940 - 1945)とその占領と戦争が終了した直後です。

[王室属領とはイギリス国王 (the Crownに属し、高度な自治権を持った地域である。伝統的に国王が王国外に有していた領地であるため、イギリス (連合王国、United Kingdom) には含まれず、それぞれ独自の憲法の下で政府を持っている。ただし、外交防衛についてはイギリス政府が責任を負う(Wikiより)]

ガーンジー島 / Guernsey
画像は下記より / This from below

赤丸がガンジー島周辺です。
(上 : マン島

The
red circle bottom is around Guernsey.
(Top : Isle of Man)
画像は下記より / This from below




Guernsey
Guernsey is a real island.

I can already feel the secret of the sound of this island.

Is it just me?

The name "Guernsey" comes from Old Norse (Old Nordic).

The origin and meaning of "guern (s)" is unknown, probably derived from a personal name, and "--ey" is an Old Norse word meaning "island".

From its location, Guernsey has been governed by various countries and ethnic groups since ancient times.

It is presumed that the name was derived from Old Norse because it was ruled by the Normans (Norse Viking).

Currently a Crown dependency of England (Bailiwick of Guernsey), the story is about life under the occupation of Nazi Germany  (1940 - 1945) and just after its occupation and the end of the war.
ガーンジー島
英国海峡にあります。 

 Guernsey

Located in the English Channel.
画像は下記より / This from below





ガーンジー島 / Guernsey
画像は下記より / This from below




宇宙からのガーンジー島
右側には、小島のハーム島サーク島
3つの島とも
ガーンジー代官管轄区です。

 Guernsey from Space
To its right are the two small islands, Herm and Sark.
All three islands are under the 
Bailiwick of Guernsey.
画像は下記より / This from below




3) 美味しい一品 / Delicious Dish
実は、"ガーンジー島の読書会の秘密" を見たのは1年前のことでした。

ブログ更新が1年遅れになっていて、それを知った方々に失笑されています。

この映画の詳細は忘れてしまいましたが、とても良い映画であったという印象が残っています。

自分の好きな素材:手書きの手紙、食べ物、本、島という組み合わせが入っているところも惹かれる理由です。

主役のリリー・ジェームズ がチャーミングで、ウーん、綺麗なものは気持ちを幸せにするというのを実感します。(美意識は人それぞれですけれどね)

リリー・ジェームズ が演じた"シンデレラ"(2015)も可愛かった!
(王子は私にとっては?でした)

邦訳タイトルは、内容がミステリーを思わせますが、ミステリー要素は抑えめの物語でした。

ナチスに対してのドキドキ、恋愛のドキドキ、読書の喜びなどなど様々な様相がバランスよく調合されています。

料理で言えば、腕の良い料理人が、良い素材を元に、良いバランスで正しく調理して美味しい一品を仕上げたのと同様のものです。

その料理は、何か強い香辛料を用いて、素材の悪さを隠す必要もないし、偏った強い個性を主張する必要もないのです。

こういう料理がいかに難しいことか... それを思うと、この映画の希有な素晴らしさを再認識できます。

まあ、ジャンク・フード的なカルチャーに慣れてしまった人にはものやりないかもしれません。

パンフレット 
このパンフレットは内容にお構いなく購入。
スタンプや本を意識したデザインに惹かれました

物語のあらすじはここで→ / 

  Programme in Japanese 
Purchase this programme regardless of the content.
I was attracted to the design that was conscious of stamps and a book.
The outline of the story is here →  

裏表紙 / Back Cover

表紙の切手 
原作の表紙にも切手が使用されています。
もちろん私はメールを使用するけれど、
手紙や葉書も手書きでし、切手も内容や相手に合わせて選びます。
時々、「イマドキ何やっているの?」と揶揄もされますが、
好きなので続けています。


 Stamps on Cover
Stamps are also used on the cover of the original.
Of course I use e-mail, but I also handwrite letters and postcards,
 and choose stamps according to the content and the people.
Sometimes I get ridiculed as "What are you doing, it's out of style?"
However, I like it, so I continue.



ガーンジー島の紋章
の切手のデザインに使用されてます。

Coat of Arms of Guernsey
As seen on Stamps above
画像は下記より / This from below




Delicious Dish
Actually, I saw "The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society" a year ago.

My blog update has been delayed for a year, and people who knew find out it, laugh at me.

I forgot the details of this film, but I still have the impression that it was a very good film.

I'm also attracted to the combination of my favourite things : handwritten letters, food, books, and islands.

The protagonist, Lily James, is charming, and I realize again that beautiful things make me happy. (Although each person has a different sense of beauty)

"Cinderella" (2015) played by Lily James was also cute!
(The prince was not good for me)

The content of the Japanese translation title is reminiscent of mystery, but the mystery element was a quiet story.

A well-balanced mix of various aspects such as the nervousness of the Nazis, the excitement of love, and the joy of reading.

In terms of cooking, it's like a good chef cooking a delicious dish with a good balance using good ingredients.

The dish does not need to use any strong spices to hide the poor quality of the ingredients, nor to insist on a biased and strong character.

How difficult it is to cook like this ... When I think about it, I can re-recognize the rare splendor of this film.

Well, if you're used to junk food culture, you might feel something is missing.

ポテト皮パイ 
レシピ→ ★ (英語)

 Potato Peel Pie
Recipe →  ★

画像は下記より  / This from below






2020年11月25日水曜日

❸ 2019年11月26日 渡邊加奈子 展 - 東京 / Kanako Watanabe Exhibition - Tokyo, 26th of November 2019


目次 / Contents
1) 出合い/ Meeting 
2) 作品 / Works
4) 購入 / Purchase
    A. 作品ナンバー / Work Number
    B. 自宅で / At Home 




1) 出合い/ Meeting 
渡邊 加奈子 (ワタナベ カナコ / 1979 ~) さんは、
版画界ではすでにその実力を認められ、
数々の賞を受賞し、個展やグループ展のほとんどが
画廊の企画展として開催されています。
この個展も養清堂画廊の企画展です。

Kanako Watanabe (1979 ~) has already been recognized 
for her ability in the print world and has won many awards, 
and most of her solo and group exhibitions are held 
as special exhibitions by galleries.
This exhibition also was by the Yoseido Gallery. 

 Kanako Watanabe Exhibition
at Yoseido Gallery 
25th - 30th of November 2019
Mon-Sat 11:00-19:00 / Sunday closed
Subway : GINZA station
Exit-B5(NAMIKI St.)
Address: 
5-5-15 Ginza Chūō -ku 
Tokyo, Japan, 〒104-0061
Phone : 0081- 3571-53-1312

養清堂画廊は、
'1953年以来、現代と近代の日本の版画の
最も完全なセレクション'
 を掲げている
老舗の画廊です。


Official Website : 
According to the Website
"Most Complete Selection of Modern and 
Contemporary Japanese Prints Since 1953"


私は、表参道のギャラリー412 (Galerie412) のメインスタッフのChizukaさんを介して、渡邊 加奈子さんと出合い、'加奈子ちゃん'と呼ばせていただいています。

実はChizukaさん私に '加奈子ちゃん' を紹介してくださるに、彼女は、2017年にギャラリー412で開催した私の個展 : ★にいらしてくださっていたことを、後になって知りました。

嬉しい驚きでした。

2019年私の個展:に出品する作品も、Chizukaさんと加奈子ちゃんは一緒に選んでくれました。

私は公私に渡り、加奈子ちゃんに感謝をしています。


Meeting 
In 2019 I met Kanako Watanabe through Chizuka, the main staff of Galerie412 in Omotesando, Tokyo and I call her 'Kanako Chan'.

In fact, after Chizuka introduced me to Kanako Chan, I found out that she had visited my Exhibition in Galerie412 , 2017: ★.

It was a pleasant surprise.

Chizuka and Kanako Chan also helped me choose which of my works to exhibit in my exhibition in 2019 : .

I am grateful to Kanako Chan for both public and private life.




2) 作品 / Works
通常の撮影にフラッシュを使用しませんし、作品撮影にはなおのことフラッシュ撮影を控えます。

この会場でもそのように撮影しました。

実際の作品はずっと素晴らしいものですが、私の撮影がよくなく作品のレベルに到底達ていません...すみません。

とにかく、ここに載せます。
養清堂画廊内
Inside of  Gallery Yoseido Gallery

Works
I don't use a flash for normal photographs, and I refrain from photographing with a flash, especially when photographing works.

I photographed like this here as well.

The actual works are much better, but my photographs are not good enough to reach the level of the works ... I'm sorry.

Anyway, I'll put them here.

優しく深いモノトーンで表現される世界がとても魅力的です。
和紙の表裏の両面に20〜30回印刷をするとこの時に知りました。
随分前ですが、日本画で金を使用する時に
両サイドに彩色する手法と
その効果に感動したことを思い出しました。
それは山種美術館 (東京) だったと思います。

The world expressed in gentle 
and deep monotone is very attractive.
At this time, I knew that she would print 20 to 30 times
 on both sides of Washi ; Japanese paper.
A long time ago, I remember being impressed 
by the technique of coloring both sides 
when using gold in Japanese painting and its effect.
I think it was in the Yamatane Museum of Art in Tokyo.

私は自分の作品素材として、和紙に興味を抱き始めたばかりです。

彼女の作品も和紙を使用しているとのこと、なお一層彼女の作品に惹かれます。


I have just begun to be interested in Washi as a material for my work.

Her work also uses Washi, and I am even more attracted to her work.
魅力的な作品群
ミステリアスな空間が広がり、
吸い込まれそうな気持ちになります。

いや、もう、作品に惹かれている時点で、
作品に吸い込まれているのかもしれません。
子宮の中でうつらうつらしている赤子の状態を
擬似体験しているようにも思えます。
また、深い森に踏み込んだような期待と不安が同時にあります。

Fascinating Works
The mysterious space expands and makes me feel like 
I am being sucked in.
No, it may be that I am already absorbed in the work 
when I am attracted to it.
And also it seems that I am experiencing the state of a baby 
who is half asleep in the womb.
Moreover, there are expectations and anxieties at the same time,
 that make me feel like I am stepping into a deep forest.





4) 購入 / Purchase
A. 作品ナンバー / Work Number
左の作品を購入しました。
I (we) bought the work on the left.


この購入した作品は、2018年にギャラリー412で、
"渡邊加奈子 木版画 : はつなつ展 "
で、初めて '加奈子ちゃん' の実際の作品を見て、欲しいな〜と思った作品でした。

ですが、その日は、ギャラリー412 に行く前に、"T-BOX" (中央区
八重洲) へ行き、召田 能里子 (メシダ ノリコ) さんの作品を1点購入していました。

なので、 '加奈子ちゃん' の作品購入を控えました。

今回、もしも、同じ作品が展示されていたら、是非購入を!と思って出かけ、実現しました。

この時は、夫Rも一緒に彼女の個展に行くことができたので、正確には夫婦で買いました。

同じ作品をChizukaさんも購入していて、'作品ナンバー1' を持っていると加奈子ちゃんから聞きました。

親しい人、それもアート面で尊敬している人が同じ作品に惹かれたことを知ると嬉しくなります。

加奈子ちゃんが、希望の作品ナンバーを聞いてくれたので、"3" を選びました。

3は、ケルトの世界(ケルト文化)では、最強数字なのです。

また、自分のオブジェ作品にある、たくさんの'脚'も、実は3本脚のみで立っています。

友人の建築家のGさんいわく
「三本支柱は最も丈夫なんだよ」
とのこと。

なので、私は、作品ナンバー3を選びました。


Work Number
This purchased work was shown in Galerie412 in 2018,
"Kanako Watanabe Woodblock Print : Hatsunatsu Exhibition"
So, when I first saw the actual work of Kanako Chan, it was a work 
I wanted.
About "Hatsunatsu Exhibition", below
However, on that day, before going to Galerie412, I had been to 
"T-BOX" (Yaesu, Chūō -ku) and purchased one of Noriko Mesuda's works.
About Mesuda Noriko's Exhibition, below.
Therefore, I refrained from purchasing the work of Kanako Chan.

I thought if the same work was on display this time, I would buy it!, 
I went there and realized my hope.

This time, I and my husband R were able to go to this exhibition, so to be exact, we bought it as a couple.

I heard from Kanako Chan that Chizuka had also purchased the same work and has 'work number 1'.

It makes me happy to know that someone close to me, and someone I respect in terms of art, was attracted to the same work.

Kanako Chan asked me which work number I would hope for, so 
I chose 3.

3 is the strongest number in the Celtic world (Celtic culture).

Also, many of the 'legs' in my object work actually stand on only three legs.

One of my friends, an architect, G San explained me 
"Three struts are the strongest."

So I chose 'work number 3'.



B. 自宅で / At Home
後日(12月5日)個展終了後、養清堂画廊に作品をひき取りに行きました。

After the Exhibition, we visited Yoseidou Gallery to pick up her work on 5th of December.


12月5日に養清堂画廊で開催されていた展覧会
すでに有名な方々ばかりのようでしたが
私は山中現 (ヤマナカ ゲン/ 1954 ~)さんしか知りませんでした。
品の良い展覧会でした。

This exhibition was being held at Yoseidou Gallery
 on 5th of December

It seemed that all the people were already famous,
 but I only knew of Gen Yamanaka (1954 ~).
It was a good exhibition.




自宅で / At Home

幸せを運ぶものに囲まれて
作品の場所は、スポットライト下を選びました。
クリスマスシーズンだったので、オーナメントと一緒です。
のちにこのコーナーはこの作品だけになります。
この作品は毎日私を幸せにしてくれます。


Surrounded by Things that Carry Happiness
I chose to place the work under the spotlight.
It was the Christmas season, 
so it was with ornaments.
Later, this will be the only work in this corner.
This work makes me happy every day.



後日撮影 / Photographed Later 
作品とスポットライト
 Work with Spotlight



2020年11月24日火曜日

❷ 2019年11月26日 黒井 健 展 - 東京 / Ken Kuroi Print Exhibition - Tokyo, 26th of November 2019


11月11日に
私と夫Rは、ピンポイント・ギャラリーで開催されていた
鈴木 真実「さいた さいた ゆきのはな」原画展
に行きました。
鈴木 真実・絵本原画展については下記

私達は、翌日から熊野・南紀旅行に出かけるので、羽田空港近くのホテルに宿泊のため、そのホテルからピンポイント・ギャラリーへ向かったのです。
熊野・南紀旅行については下記

個展会場で、彼女の絵本を購入しましたが、旅先に持って行くことはしたくなかったので、後日受け取りにしました。

そして、27日、私達は、その絵本を受け取りに行きました。

その時にギャラリーでは、"黒井健 版画展"が開催中でした。

黒井 健 (1947~) : は、絵本作家として大御所で、彼の著書は200冊を超えています。

私は、絵本はじっくり作るものと思っていましたが、彼は一月に一冊制作していた時期もあったそうです。

元々私は絵本作家になりたくて、アートの世界に入ってきたのですが、いまだに一冊の絵本も出版していません。

そんな私からすると、彼は遠く高い存在です。

"黒井健 版画展"
2019年11月25日(月)~12月7日(土)
12時~19時 土17時まで 日曜休み

Ken Kuroi Print Exhibition
 Mon. 25th of November - Sat. 7th of December, 2019
12:00 - 19:00  /  17:00 on Sundays
画像は下記より/ This from below


11th of November, I and my husband R visited 
Mami Suzuki "Saita Yuki-no-hana" Original Painting Exhibition
in Pinpoint Gallery, Omotesando, Tokyo.
About Mami Suzuki Exhibition, below.
We were going on a trip to Kumano and Nanki from the next day, so we headed to Pinpoint Gallery from a hotel near Haneda Airport which we would stay for the night.
About Kumano Nanki Trip, below.
We bought Mami Suzuki's  picture book :  "Saita Yuki-no-hana" at the venue, but we wouldn't take it on our trip, so we decided to pick it up at a later date.

And on the 27th, we went to pick up the picture book.

"Ken Kuroi Print Exhibition" was being held in the gallery at that time.

Ken Kuroi (1947 ~) is a great picture book maker, and he has more than 200 books.

I thought that creators would take their time making picture books, however, sometimes he seems to have produced one book a month.

Originally I would like to be an author and painter of picture books and entered the world of art, however, I haven't published even a single picture book yet.

For me, he is a person on a distance level. 
新しいピンポイント・ギャラリーのメイン展示場
ピンポイント・ギャラリーは、2019年9月に移転し、
再オープンしました。

Main Exhibition Hall in New Pinpoint Gallery
Pinpoint Gallery relocated and reopened in September 2019.



展示作品は、"プリマグラフィ" (商標登録名) という印刷技術を用いたデジタル・アート・プリントを使用しています。

The exhibited works use digital art prints using a printing technology called "Primagraphy" (registered trademark).
About "Primagraphy" in Japanese 
Sorry, I do not translate.




絵本原画に対する真摯な態度が感じられる説明文です。
彼の真摯な態度を尊敬します。

These are his thoughts of his original pictures and 
 "Primagraphy" in Japanese, 
that I can feel his sincere attitude toward the original picture book.
I respect that sincere attitude.
Sorry, I do not translate.







ピンポイント・ギャラリーの空間と展示作品の両方が生かされる展覧会に感じました。

I felt that it was an exhibition where both the space of Pinpoint Gallery and the exhibited works complemented each other well.