2018年8月7日火曜日

2018年5月7日 ❶北鎌倉 - 喜幡恵子個展 / Keiko Kabata Exhibition in Kita-kamakura, 7th of May, 2018

目次 / Contents
1) 散策 / Walk
2) 個展 / Exhibition 
3) 庭 / Garden 


1) 散策 / Walk
私は、昨年11月に北鎌倉の 'ギャラリー花眠' で行われた"原画カレンダー展"に参加しました。
"原画カレンダー展"については下記

今回は、ギャラリーのオーナーさんである、喜幡恵子さんの個展でした。

恵子さんの初めての個展だそうです。

北鎌倉駅からちょっと遠回りの道を選び、散策しつつギャラリーへ、Rと向かいました。
DM : 喜幡恵子 個展
DM ; Keiko Kabata Exhibition

Walk
When "Gallery Kamin" in Kita-kamakura held "Original Pictures Calendar Exhibition" in November, 2017, I participated.
About the Exhibition, below.

This time the owner, Keiko Kabata had her solo Exhibition.

I heard that it was her first exhibition.

I chose a little detour from Kitamakamura Station and headed to the gallery while taking a walk with R.

趣のある路地 
奥には稲荷神社があります。 

Tasteful Alley
There is Inari shrine ahead.
.
稲荷神社 
稲荷神は、を象徴する穀霊神・農耕神で、
五穀をつかさどる神・ウカノミタマと同一視されます。
狐の像や置物がよく設置されていますが、ここはどうでしょう?
神使 (シンシで、神そのものではないと知ったのは私が成人してからでした。
子供の頃からなんとなく、稲荷は失礼なことをしたら祟られるという、
怖い印象があります。

Inari Shrine
Inari Shrine is a grain spirit and farming God : 
Kami symbolizing Oryza sativa : Asian rice,
and it is equated with the Kami (God), Ukanomitama
who is responsible for the Five Grains.
There are often statues of foxes or figurines, but how about here?
After I became an adult, I knew that foxes are messengers of the God,
 not the God itself.
Somehow since I was a child, I have had the scary impression 
that Inari or their foxes curse people when we do rude things.





一般の家ですけれど、料亭のよう...
It is an ordinary house, but like a Japanese restaurant ...





木の橋なんて珍しい....素敵!
A wooden bridge is unusual .... Lovely!




住宅街ですが、ジャングルを思わせる場所が多数あります。
It is a residential area, however, there are many places reminiscent of the jungle.




背の低い木戸が好きです。
I like low wooden-gates.




鶯 (ウグイス) の声がしたので見上げると大きな木。
でも姿は見えませんでした。

I heard the song of an Uguisu : Japanese Bush Warbler,
I looked up, it was a big tree.
However, I couldn't see the bird.




電線が雰囲気を壊しますが、北鎌倉らしい景色です。

Although the electric wire breaks the atmosphere,
 the scene is indeed Kita-kamakura.




2) 個展 / Exhibition 

雨の日です。 / The day was rainy.



水彩の可能性を追求した個展です。
The exhibition pursues the possibilities of watercolours.

'ギャラリー花眠'は庭にも力を入れています。
"Gallery Kamin" put efforts into garden.




DMに使用された作品。
 私はこの作品が一番好きでした。
作品から音楽が聞こえてきそうに感じます。

This was used for the DM.
I like this work most.
I feel I hear music from this work.

DMを見たときからぜひ行きたいと思いました。

Rは私と行く前に一度、すでに行き、「良かった」と言っていました。


I thought that I would definitely go there when I saw her DM.

R had already visited the Exhibition before this day and he said "it was good".

プロフィール / Profile in Japanese



水彩を用いて油絵の雰囲気を出しています。
She used watercolours to produce oil painting atmosphere.





色のバランスが素敵です。
The colour balance is wonderful.
どの作品にも優しさが感じられました。

油絵の力強さに比べると、頼りなさがあり、それは、水彩のせいなのでしょうか、作者の持ち味なのでしょうか?



I felt every work has kindness.

Compared to the power of oil painting, there is fragility, is it because of being watercolour?  or is it the painter's own taste?

窓によって外の景色を生かし、スペースに奥行きを与えています。
The window makes good use of the scenery outside, giving depth to the space.




すべての作品がふわふわと漂っているようでした。
私はその感じが嫌いではありませんでした。

It seemed that all the works were drifting fluently.
I did not dislike that feeling.





作品にもこの花にも恵子さんの優しさがあふれていました。
The kindness of Keiko was overflowing in both her works and this flower.






3) 庭 / Garden 
ギャラリーの庭は、プライベートな場所にあります。

以前、案内していただいて、素敵な庭であることは知っていました。

今回も、見せていただくよう、お願いをしようと思っていましたが、私が尋ねる前に、
「お庭を見ますか?」
と恵子さんは誘ってくださり、入り口まで案内してくださりました。感謝!
庭に行く小さな小さな道は木の杭で作られてます。
オーナー夫妻の手によって作られました。

A tiny path to go to the garden was made of wooden piles.
It was made by the owner 's hands.
The gallery garden is in a private place.

I knew that it was a lovely garden because she guided us before.

I was thinking of asking her to show me, but before I asked,
"Would you like to see the garden?"
Keiko invited us and took us to the entrance. Thanks!




雨の中の撮影だったので、カメラのレンズに雨水がついたり、焦点がとりにくかったりしましたが、植物の色は生き生きとしていました。

Because I photographed in the rain, rainwater stuck to the lens of the camera, it was difficult to focus, but the colours of the plants were lively.




































素敵なお庭でした。

拝見させていただき、ありがとうございました。


It is a lovely garden.

Thank you for letting me see it .

2018年8月6日月曜日

2018年5月5日 ヨコハマ・フリューリングス・フェスト / Yokohama Frühlings Fest, 5th of May, 2018

目次 / Contents
1) 横浜散策 / Walk in Yokohama
2) ヨコハマ・フリューリングス・フェスト / Yokohama Frühlings Fest


1) 横浜散策 / Walk in Yokohama

ヨコハマ・フリューリングス・フェスト へ、鎌倉の友人カップル、H&TJ、私とRで行きました。

会場は、横浜赤レンガ倉庫前。

駐車場から横浜赤煉瓦倉庫へ向かう途中、横浜散策をしました。


I and R went to  "Yokohama Frühlings Fest, 2018with a friend couple from Kamakura, H & TJ.

The venue was in front of the Yokohama Red Brick Warehouse.

On the way to the Yokohama Red Brick Warehouse from the car park, 
we took a walk in Yokohama.

神奈川県立歴史博物館、正面玄関
公式サイト 

Kanagawa Prefectural Museum of Cultural History, Main Entrance
Official Website : 

大砲
博物館前に大砲が展示されています。

Cannon 
The cannon is displayed in front of the museum.
Cannon excavated from former foreign settlement No. 90.
This cannon was a 32-pound gun, made in Imperial Russia, 
and in 1959 it was excavated along with an 11-pound cannon 
made in Holland, from former foreign settlement No.90, 
occupied by the Swiss trading company, 
 Siber & Bbennwald (founded in 1865) 
(Currently 90 Yamashita-cho, Yokohama City).
The cannon was one of their items which would be made into anchors 
which they tried selling to ships in Yokohama Port.
People guess that when the Great Kantō earthquake happened in 1923, 
the cannons were buried. 
This cannon shows foreign companies in the foreign settlement operated 
 from Bakumatsu (the end of Edo Period) to Meiji Period.
This is important evidence of foreign company's activities and it was donated
 by the Yokohama City Board of Education to the Museum.
(translated by me)
『日本絵入り商人録より』
画像は下記より / This from below



神奈川県立歴史博物館 、馬車道
1904年に横浜正金銀行本館として建てられました。
妻木頼黄 (ツマキ ヨリナカ/ 1859 -1916)設計

Kanagawa Prefectural Museum of Cultural History, Bashamichi Entrance
It was built as the main building of YokohamaSpecie Bank in 1904.

この日、こちらの入り口は閉まっていました。
This entrance was closed on this day.

中から外 / From Inside 



フット マット  /  Doormat 


入り口の天窓 / Ceiling Window above Entrance






となりのビル / Next-door Building
左が博物館、右は現代的な、新しいビル
The Museum on the left and a new modern building on the right.


損保ジャパン日本興亜横浜馬車道ビル
古い部分を残しています。

Sompo Japan Nipponkoa Insurance Inc. 
Bashamichi Building 
It retains the old parts.
正面 
1922年、矢部 又吉(ヤベ マタキチ/ 1888- 1941)の設計で
川崎銀行横浜支店として建てられました
1989年に改築されましたが、古い部分が一部残されました。
古い部分は博物館の趣と似ていると思いましたら、
矢部 又吉は、妻木頼黄に師事していました。

Facade
It was built as the Kawasaki Bank Yokohama branch in 1922
Design by Yabe Matakichi (1888 - 1941)
It was rebuilt in 1989, but some old parts were kept.
I felt that the old parts are similar to the Museum's taste, indeed,
Yabe Yoshichi studied under Tsumaki Yorinaka.
画像は下記より / This from below




2) ヨコハマ・フリューリングス・フェスト 
  Yokohama Frühlings Fest

"フリューリングスフェストとは、
ドイツ各地で開催される春の訪れをお祝いする
「春祭り」のこと"(サイトより)

According to their Website
["FRÜHLINGSFEST," the German Festival to celebrate the coming of spring 
is held at Yokohama Red Brick Warehouse.
Enjoy the 30m giant beer counter, live German music 
and fun attractions for children!]


テントの中
いっぱいで席がとれませんでした。

In the Tent
It was full and we could not get seats (table).



とても賑わっていました。
It was very busy.



屋外の席は、ようやく確保。

We finally got outdoor seats.

イカリング
もう長い間、イカリングを食べていませんでした。
美味しかった〜!
これはHさんに買っていただきましたが、2個目を自分で買いに行きました。

Squid Rings
I hadn't eaten 'Squid Rings' for a long time.
Delicious~!
This was bought by H San, but I went to buy the second one myself.



ビールに定番、枝豆 / Standard  Eadamame for Beer



ジュースっぽいビール
私は苦手で、通常のエールを飲みました。


Juice style beer
I am weak  about this and drank a normal ale.



くるくるソーセージ
食べませんでしたが、始めてみた形状だったので撮影しました。

Spinning Sausage
I did not eat this, but it was first time I had seen this shape, so I photographed. 


体調のせいもあって、ビールをあまり飲みませんでした。

けれでも、たまには、お祭り気分を味わうのは良いことだと思いますし、楽しかったです。

H さん, TJ ありがとうございました。



Because of my physical condition, I did not drink much beer.

However, occasionally, I think that it is good to taste the feeling of festival and it was fun.

Thank you for H San, TJ .