2017年8月21日月曜日

❺2017年7月25日 ヘルシンキ旅行 - 岩の教会 / Helsinki Trip - Rock Church, 25th of July, 2017


テンペリアウキオ教会の愛称は、"岩の教会 / Rock Church" で、ヘルシンキの観光地として外せないスポットです。

それが宿泊地から近く、徒歩で行ける距離にあり、ラッキーでした。

この日は、午後2時に宿泊地から出かけるという、遅いスタートでしたので、トラムも電車もバスも用いず、ふらふらと歩くだけの観光にしようと思っていました。

前回のブログに載せた、'ランチ・カフェ・ミズ' に寄った後に、歩いてここに来ました。


Rock Church : "Temppeliaukio Church (Temppeliaukion kirkko)" is called "Rock Church" as its nickname, it is a tourist must-see spot in Helsinki.


We were lucky, it is close to our accommodation and we could walk to the Church.


On that day, we left our apartment, 14:00 and it was a late start so we decided not to use tram, bus and train for sightseeing and we just wandered on foot.


After 'Lunch Cafe Mizu' in previous section of my blog, we walked here.



袋小路の階段を登ると、'岩の教会'の裏手に出ます。

We climb up the steps of a blind alley and could see the back of 'Rock Church'.





'岩の教会' の裏手 / Back of 'Rock Church'
外側から中の様子は全く想像できません。
I could not imagine the inside at all from the outside.

少し登ります。 / We climb a little.




岩の教会は住宅地に囲まれています。
The rock church is surrounded by a residential quarter.




教会の屋根 / The Church's Roof.




入り口付近を上から
From above to Entrance Area




入り口
教会の入り口というよりも、要塞の入り口のようです。

Entrance 
It looks like a fortress entrance rather than a church's.





内部 / Inside
1969年竣工
ガイドブックで中の様子は知っていましたが、
それでも、驚きます。

Completion in 1969
I knew the inside by a guide book, however, I was still surprised.


スオマライネン兄弟による設計
当初の設計より4分の1に縮小されたそうですが、十分に大きい!


Design by Brothers Timo and Tuomo Suomalainen.
The size is one quarter of the original plan, although it is big enough!


屋根は銅製のテープが巻いてあります。

The roof is lined with copper tape.




時々、生演奏があります。
この日も、私達は聞けませんでしたが、12時頃にピアノ演奏がありました。

Sometimes music plays here.
We did not listen to the music, 

although they played the piano around 12:00 on the day.



ダイナマイトで岩を砕き、建物を作りました。
ダイナマイトを埋めた、穴の痕が岩に残っています。
街中にある岩を教会のためにダイナマイトでくり抜く?
という発想は日本人にはできないな〜と感じました。
(技術や技能はあっても)

When they made the church,
the rocks were broken by dynamite.

The drill lines for the dynamite remain in the rocks.
I felt that Japanese cannot have the idea of blasting out
 the rock in a town for a church by dynamite.
(Even though Japanese have the technique and skill.)




岩の聖水盤 / Font of Rock






教会の前の道はまっすぐ!
日本の神社の参道のようだなと思いました。

The road leads straight up to the front of the church.
I felt it is like the approach to a Japanese shrine,


岩の教会の後は、"木の教会" :  "カンピ礼拝堂" / 
"Kamppi Chapel"  に向かいました。

After the Rock Church, we went towards the "Wooden Church" ; "Kamppi Chapel".

2017年8月11日金曜日

❹2017年7月25日 ヘルシンキ旅行 - ランチ カフェ ミズ / Helsinki Trip - Lunch Cafe Mizu, 25th of July, 2017



目次 / Contents
1) 朝食 / Breakfast 
2) ランチ カフェ ミズ / Lunch Cafe MIZU


1) 朝食 / Breakfast 
コーヒーとアールグレイの紅茶、オリーブオイルを買いました。
紅茶はテスコ(英国のスーパーマーケット)のオリジナルブランド。
ドライフルーツは英国から持参。

We bought a pack of coffee, a box of Earl Gray tea and a bottle of olive oil.
The tea is Tesco original brand.
The dry fruit was carried from Britain. 
手前左はバター、右はプレーンヨーグルト
Front Left : Butter/ Right : Plain Yoghurt 




水 : Värska Originaal
 公式サイト :  (英語)
水に塩気があるのを私達は感じました。
ナチュラルミネラルウォーターには無機塩類が含まれています。
それが塩気を感じさせるのでしょうか?

Water : 
Värska Originaal 
Official Website : 
We felt this a little salty.
Natural mineral water has inorganic salt.
Does it give us salty taste?


キャップに王冠
Crown on Cap



2) "ランチ カフェ ミズ" / "Lunch Cafe MIZU"
午後2時すぎに、ようやく、アパートメントを出ました。

近くには、カフェ、デリカテッセン、レストラン、美容院、他のお店があり、ウィンドーショッピングをしました。

けれども、お店はまばらで、商店街というのでもなく、安全で静かな裏通りという印象を私は持ちました。

徒歩3分ほどのところに、和食のお店(カフェとレストランの間という感じのお店) : "Lunch Cafe MIZU"があり、Rが入りたいと主張。 

私は、ヘルシンキで1軒目に和食のお店に入ることはないと思いましたが、
Rが非常に興味をしめし、今年の私の個展のテーマは水で、リンクも感じたので入りました。
ランチ カフェ ミズ
Lunch Cafe MIZU
MIZU is 'water' in Japanese.



開店して2年目だと聞きました。
I heard they have been open for two years.


"Lunch Cafe MIZU"
Finally we went out from our apartment after 14:00.

Nearby there are cafes, delicatessens, restaurants and other shops, we had window-shopping.

However, the shops are spread around, it is not a shopping street and I had the impression about the street that here is safe, quiet and a backstreet.

The Japanese "Lunch Cafe MIZU" takes time 3 minutes on foot from our accommodation and R made assertion to enter the cafe.

I thought we did not have to go in a Japanese style shop as a first shop in Helsinki, although he was very interested in it and my theme of this year's exhibition was 'Water', I felt something linkedso we visited.
家族経営のような雰囲気でした。
スタッフの日本人のお兄さんがふんわり柔らかで、店名の水を感じさせます。
私達がお店にいた時のお客は、地元の母娘、年配の男性の他は、
北欧もしくはヨーロッパに住む日本人の家族連れのようでした。

The atmosphere looked like it is family-owned.
A Japanese man of staff was soft and gentle 

which I felt suited the cafe name's 'Mizu' : 'Water'.
When we were in the cafe, there were local a mother and a daughter, 

a middle aged man,they looked Japanesfamily companions 
who live in Scandinavia or Europa.



ボードも四角でなく、丸。
The board is not quadrilateral, but a circle.


オニギリ
私は味噌汁とおにぎりのセット、Rはおにぎりのセット
おにぎりの一つはゆかりで、もうひとつを、

鮭、鶏そぼろ、ツナの3つから選べます。
私は鶏そぼろ、Rは鮭を選びましたが、ほとんどRがおにぎりは食べました。

味は普通、ニュートラルを目指しているように感じられたので、
この感想をもつように作られているのだと思います。
そうそう、手の消毒液(ボトル)を添えてくれますが、
私達は持参のアルコールティッシュを使いました。
海外では私はいつもこれを持っています。

Onigiri : Rice-ball
I had a set of rice-bowl with Miso soup and R had a set of rice-ball.
The set is a Yukari (red shiso)
 rice-ball and one of salmon, chicken mince or tuna.
I chose chicken and R chose salmon, although R had most of them.
I thought the food tasted normal, I felt that there they aim to be neutral 
so I think they would give us the taste as my impression. 
Oh! Yes! They brought a bottle of antiseptic solution,
although we used alcohol wet tissueI which I always have when I am abroad.


繊細な柄
Rは単品でカフェ・ラテ。

Delicate Pattern
R had a cup of cafe latte.




ハロー!
壁にこのキャラクターが貼ってあったのですけれど、
私にはその正体はわかりませんでした。

遊び心なのかな?

Hello! 
There is this character on the wall.
although I do not know anything about it.

It might be playful?



カラフル
店内は白黒でまとめられていますが、明るさを加えようとして
カラフルなディスプレイもしているのではないかと思います。
フィンランドのデザインといえば、マリメッコが思い浮かびます。
まだ日本にいるうちに鎌倉図書館から借りたデザインの本 (下の写真)も
ビビットカラーの印象のものでした。

Colorful
The colour in the cafe is unified black and white, however, 

I think they would add some bright image so they put a colorful display.
Speaking of Finland's design, Marimekko comes into my mind.
While I was still in Japan, I borrowed books (below) from Kamakura Library,
my impression from them was of vivid colours.


図書館から借りた本
Books from Kamakura Library 



遊具
子供連れのお客さんが多いのか、
経営陣のこどものためなのか、遊具が用意されています。

おしゃれすぎない点が居心地が良いのかもしれません。

Playthings
There are playthings, their customers might have many children
or they are for their children.
It is not too stylish so it might be comfortable.

❸2017年7月24日 ヘルシンキ旅行 - スーパーマーケット / Helsinki Trip - Supermarket, 24th of July, 2017



部屋に到着後、私達がしたことは、食材の買い出しでした。

ヘルシンキ中央駅近くの、"S-market Sokos Helsinkiへ行きました。


After we arrived in our accommodation, we had shopping for our meals.

We went to "S-market Sokos Helsinkiwhich is close to Helsinki Central railway station

入り口
入り口はひとつで、入ったら何か買ってレジを通らないと出られません。
この方法は、フィンランドのスーパーでは、一般的なようです。

Entrance
There is an entrance, once we go into the supermarket, 
we must buy something, go to the cashier and we can go out.
This method looks normal for supermarkets in Finland.





ハーブがポットでたくさん売っています。
There are many herb in pots.





量り売りコーナー
エビ1つから売ってくれます。
シーフード売り場でいくつか買いました。

Corner of Sell by Weight

The can sell from one prawn.
We bought some seafood.


ラッピングがかわいい。
中は焼いたスモークした鮭。

The wrapping is lovely.
Inside is cooked smoked salmon.




肉売り場も充実しているようでしたが、
私にとってはフィンランドはシーフードのイメージが強いので、
初日はとにかく、シーフード!

The meat section looks comprehensive, however, my strong image about Finland 

is seafood , so anyway, the first day was seafood!





ジュース?
ベリーのジュースをなにか買おうと思ってジュースコーナーへ行きました。
が、ここで気がつく...まったくフィンランド語がわかりません。
持参した、旅行フィンランド語のメモにジュースが載っていません。
パッケージのデザインでブルーベリージュースと思われるものを選びましたが、
これが、'ブルーベリースープ'で、不思議な味でした。
買い物としては失敗でしたが、こういう経験が面白いですよね。
スープは、"Keitto" だと学びました!()
ジュースはJuiceなのに、なぜわからなかったのか?(苦笑)

Juice?
We would buy any berry juice and went to the section.
At that time, we found out that we do not understand Finnish at all.
I had a note of Finnish which did not have a word for juice.
We just guessed on Blueberry Juice by the package design,
however, this was a blueberry soup and the taste was subtle.
It was a failure as shopping, thought this experience was fun, wasn't it?
And also we learnt, soup is "Keitto" in Finnish! (laugh)
Juice is Juice in Finnish, why we did not find it? (Wry Smile)





ハイジのチーズ
食べたかったのですが、値段が高い!と思って買いませんでした。
けれども、のちに写真で確認すると、1kgの価格表示で
1個140gとするとそんなに高いものではなかったのです。
残念!

Heidi's Cheese
I wanted to eat this, although its price was expensive and we did not buy it.
However, later I found out from my photograph

 that the price shows us the cost for 1kg, the cheese is 140g,
 so it is not so expensive. That't too bad.




"フィンランディア / Finlandia"とか"ポーラー / Polar "というネーミングや
パッケージデザインに北欧を感じます。

I feel Scandinavia by the naming like 'Finlandia' or 'Polar', and their designs.



パッケージがフィンランディア?
Package is Finlandia? 




かわいいパーッケージ
Lovely Packages 





バラの飾り
砂糖でできているのでしょう、きっと...。

Decoration of Roses 
Probably it is made of sugar....



珍しいビールがたくさん
いちごが置いてある....英国でも時々見かけます。
日本もないこともないけれど、比較的少ないように思います。

Many Novelty Beers for me.
There is a pack of strawberries...sometimes I see this in Britain.
I seldomly see it in Japan...





レジ前
文字はまったくわかりませんが、英国も日本もこんな感じ?

Just Before Cashier
I do not know any of the writing, though I feel this view similar to Japan and Britain?



初日の晩 / The First Night 


私のお皿には、ニシンの酢漬け、焼いた燻製鮭、
いくら、海藻サラダ、マッシュルーム。
私が抱くフィンランドの食べ物です。

Rは、バター付きパン、モッツァレラチーズ、バジル、トマトのサラダと

ベークド・スモークド・サーモン (焼いた燻製鮭) を食べました。

My plate has pickles of herring, baked smoked salmon, red caviar,
seaweed salad and mushrooms.
It is my image of Finland food.

R had a salad of mozzarella cheese, basil and tomato and bread with butter.



トマトのパッケージ / Tomato's Package



バジルのパッケージ
バジルはポットを買って、毎日少しづつ食べました。

Basil Package
We bought a pot of basil and ate some everyday.



飲んだビール
デザインがフィンランドっぽいと思ったのです。

Having  Beers 
I felt the design is Finland.



スタートが早かったので、疲れました~!

明日の朝は、ゆっくり部屋で過ごしてから出かけようと話して寝ました。

Today's start was early, so we were tired!

We talked about tomorrow that we would spend time slowly in the morning, and slept.